fc2ブログ

プロフィール

ピーボディ

Author:ピーボディ
ブログを見て頂きありがとうございます。

ぼくは競馬のソフトを用いた資産運用で利益を出しているものになります。
今の世の中お金を銀行に預けてあるだけでは損な時代になっています。
じゃあどうするの?ってなったときにぼくは競馬ソフトを使った資産運用って
形で始めました。
なのでブログでは運用の結果や趣味のこと、経済のことについて触れていきたいと
思います。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


足あと


RSSリンクの表示


JRA

    RSSデータ読み込み中……

人気ブログランキング


マイナス金利始まってからの資産運用に欠けていること

ぼくは競馬ソフトを用いた資産運用で利益を出しているものです。

今の世の中お金を銀行に預けてあるだけでは損な時代になっています。

じゃあどうするの?ってなった時にぼくは競馬ソフトを使った資産運用って形で始めました。



今日はマイナス金利導入後の資産運用はどうしていったらいいか

について触れたいと思います。


まず資産運用を考えていくには2つの点で欠けていることがあるという事です。


1つは、リスク資産n投資すべきかという事で、高配当株やREIT、ヘッジ付外債などを

具体的な投資対象としてあげていますが、同程度のリスクが取れているなら実物資産

への投資も同時に検証すべきっていう事。


2つ目に資産サイドだけでなく、負債サイドの借入っも合わせて考えるべきという事。

マイナス金利導入は預金者にとっては、ネガティブな事態ですが、借入している人に

とっては返済負担が減る可能性があるポジティブな話です。


『お金を借りる力』を持っている信用力のある企業業務者は借入も組合せたお金活用を

考えるべきです。


国内の不動産の賃金利回りと借入金利n間には、3%程度のイールドギャップが存在してます。

5%の賃金利回りで2%でえ借入ができれば2000万円の投資で年間60万円の金利差からの

収益が発生します。お金を借りるには信用が必要ですが、多くの人は自分んお信用力を

使わないか住宅ローンに使っているのが現状です。


もちろん不動産投資にもリスクはあります。

借入の組合せればレバレッジによって、よりリスクが高くなります。

しかし、株式の個別銘柄をはじめとする金融商品でリスクを取るのであれば、同じ土俵に

載せて検討してみるのが後悔のない資産運用の意思決定プロセスです。



上記の通り資産運用をするにあたって政策1つでいろんな作業をしたり考えたりすると

いろんなルートが見えてきます。

しかし、経済の動きをずーっと監視できる状況下になるのもなかなか難しい話だと

思います。なのでぼくは競馬という経済に左右されないもので資産運用をしているのです。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |