FC2ブログ

プロフィール

ピーボディ

Author:ピーボディ
ブログを見て頂きありがとうございます。

ぼくは競馬のソフトを用いた資産運用で利益を出しているものになります。
今の世の中お金を銀行に預けてあるだけでは損な時代になっています。
じゃあどうするの?ってなったときにぼくは競馬ソフトを使った資産運用って
形で始めました。
なのでブログでは運用の結果や趣味のこと、経済のことについて触れていきたいと
思います。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


足あと


RSSリンクの表示


JRA

    RSSデータ読み込み中……

人気ブログランキング


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

的中率について

ぼくは競馬のソフトを使った資産運用で利益を出しています。

今の世の中お金を銀行に預けてあるだけでは損な時代になっ

てきてます。

じゃあどうするの?ってなったときにぼくは競馬のソフトを

使った資産運用って形で始めました。


今日は競馬と競輪と競艇の的中率と控除率について触れたいと

思います。


まずは競馬

16頭が出走した場合
単勝/16通り・的中確率6.25%
複勝/16通り・的中確率18.75%
枠連/36通り・的中確率2.78%
馬連/120通り・的中確率0.83%
馬単/240通り・的中確率0.42%
ワイド/120通り・的中確率2.50%
3連複/560通り・的中確率0.18%
3連単/3360通り・的中確率0.03%
WIN5/1,048,576通り


競輪

2枠複:確率 1/18
2枠単:確率 1/33
2車複:確率 1/36
2車単:確率 1/72
3連複:確率 1/84
3連単:確率 1/504
ワイド:確率 3/36


競艇

単勝:1/6通り・的中率16.66%
複勝:2/6通り・的中率33.33%
2連複:1/15通り・的中率6.66%
2連単:1/30通り・的中率13.33%
拡連複:3/15通り・的中率20.00%
3連複:1/20通り・的中率5.00%
3連単:1/120通り・的中率0.83%

上記のような的中率があります。

次に的中率と必勝法の関係を見てみると

・A:的中率10%/回収率160%/投資機会:月150回
・B:的中率20%/回収率150%/投資機会:月70回
・C:的中率30%/回収率150%/投資機会:月45回
・D:的中率40%/回収率140%/投資機会:月30回
・E:的中率50%/回収率140%/投資機会:月25回

この中で最も優れた必勝法は、どれでしょうか?

答えはA>B=C>D=E

このように的中率は関係なく投資の機会の多さ、回収率が

重要になります。

なのでこのバランスを考えて投資していったら上手くいくと

思います。
スポンサーサイト

利益を出す買い方!

ぼくは競馬のソフトを使った資産運用で利益を出しています。

今の世の中お金を銀行に預けてあるだけでは損な時代になっ

てきてます。

じゃあどうするの?ってなったときにぼくは競馬のソフトを

使った資産運用って形で始めました。






『複勝』を保険馬券として購入する方法

僕は『単勝』買いを基本としています。

競馬をやる以上、1等になる馬を当てないと面白みが

ありません。

でも競馬で1等を当てるというのは、

ほんと難しいことです。

どんなに人気のある馬でも、レースが始まると、

スタートを失敗したり、

レース展開が合わなかったりすると、

負けてしまいます・・・

それが競馬の難しいところでもあり、面白みでもあるんですが

そこで考えたのが、

『単勝』だけではなく、

『複勝』を負けたときの保険として購入する買い方です。

『複勝』とは、

1着から3着までに入着馬を勝ち馬とする勝馬投票法です。

複勝の特性を活かし、負けたときのリスク回避をするのです。

「複勝だけ買う法が勝つ確率が高いんじゃないの?」

と思われる方もいると思うのですが、

たしかに勝つ確率は高くなりますが、配当はそこまで

望めません。

なので、複勝は、

掛け金全額の補填ができる分だけ保険馬券として購入するのが

ポイントです。

合わせて、単勝は、勝ったときの利益が収支プラスになる

ように買いましょう!

単勝と複勝の購入割合は、

単勝1:単勝2

オッズが割れているときはこの比率がベストです。

注意点としては、

ダントツ1番人気がいるレースでは、

その1番人気の馬を買うのはやめましょう。

この『単勝』と『複勝』を合わせて馬券を買う

買い方のポイントでもあるのですが、

ようは1等から3等までに入着する馬を選べば、

損をしないわけです。

1番人気の馬が必ず勝つとも限りませんし、

ダントツ1番人気の馬がいるということは、

他の馬のオッズの魅力が上がっているということでもあります。

人と違う買い方をするからこそ、競馬は大きく勝つのです!



『ワイド』を保険馬券として購入する方法

2つ目の保険馬券の買い方として、『ワイド』をおすすめ

しています。

『ワイド』は、3着までに入る2等の組み合わせを馬番号で

当てる馬券です。

ようは、3頭の馬を選び、2頭が3着以内に入れば勝ちと

なります。

ワイドも比較的勝ちやすいです!

このワイドの特性を活かし、さきほどご紹介した複勝の

代わりに、ワイドを保険馬券として購入します。

ワイドの場合、複勝よりも基本的に当たりにくいです。

ですので『保険』としての機能は落ちてしまいます。

ですが、

『このレースはこの3頭は手堅い!』

などのように、コレ!っていう馬がいたときは、

僕は複勝ではなく、ワイドを購入します!

基本『複勝』、

特別なレースは『ワイド』。

こんなイメージですね!

馬券を買うなら

ぼくは競馬のソフトを使った資産運用で利益を出しています。

今の世の中お金を銀行に預けてあるだけでは損な時代になっ

てきてます。

じゃあどうするの?ってなったときにぼくは競馬のソフトを

使った資産運用って形で始めました。




まず、馬券を買うときの心構えとして、

「自分は初心者だ、という甘えを捨てること」

これはものすごく重要です。



なので、もし「自分は初心者で、馬券の買い方もあまり

よくわからない」というレベルの方であれば、まだ馬券を

買う段階ではないかもしれません。


馬券は実際に購入しなくても、「購入したつもりで収支を

つけてみる」ということが可能です。

まだ右も左もわからない初心者さんなら、実際に馬券を購入

する前に、最低でも 20~30レースくらい、「馬券は買わずに、

買ったつもりで」馬券収支をつけてみてください。


おそらく、マイナス収支になるでしょう。

最初はマイナス収支は当たり前です。そのマイナス収支を

分析して、自分の弱点を探し、自分自身のレベルを上げて

いくことによって、少しづつ、プラス収支が見えてきます。


さて、精神論から入ってしまい、長くなってしまいましたが、

初心者さんにオススメの馬券種はどれか?

馬券には以下の種類があります
 ↓

複勝
単勝
馬連
ワイド
馬単
三連複
三連単



下に行くほど、難しい馬券ということになります。

逆に言えば、下に行くほど「利益を出しやすい馬券」

ということにもなるわけです。


難しい馬券という事は、「他の馬券購入者との実力差が

でやすい」からです。



ただ、初心者さんがいきなり、三連複や三連単を買うのは

お勧めできません。

これらの馬券は、100円が10万円~100万円になることも

珍しくなく、非常に魅力的な馬券なのですが、初心者さんが

いきなり、この三連系の馬券を買っても、まず当たりません。


当たっても、ビギナーズラックで、あとが続かない。

つまり、たまにまぐれで万馬券が当たっても、長い目で見ると

マイナス収支になってしまうわけです。



かといって、複勝などのシンプルな馬券では、的中率は上げる

ことができても、「プラス回収」にすることは難しくなって

しまいます。

簡単な馬券というのは、他の馬券購入者との差別化が難しいため、

当てる事はできても、なかなか利益が出ないわけですね。



なので、ぼくが初心者さんにお勧めすることが多いのは、

「ワイド」か「馬連」ですね。

回収期待値を考えると、馬連よりもワイドの方が利益を

出しやすいような気がします。


ぼくは今でもワイドをよく買います。

ワイド馬券は、一般的にはあまり人気がない馬券ですが、

うまく使えば、高い的中率をキープしつつ、利益を出すことも

可能な馬券です。



ワイドの買い方としては、いわゆる「中配当狙い」となります。

オッズで言えば、「ワイド 10~20倍」くらいのゾーンですね。


このゾーンは、的中率と回収率のバランスが良く、初心者さん

でも比較的、勝ちやすいゾーンになります。



ぼくは、馬券を買うときは「ボックス買い」は、あまり

お勧めしないのですが、ワイドならbox買いでも利益を

出すことが可能です。

ワイドには、「トリプル的中」があるからですね。


ワイドで、ある程度の的中率を出すことができるように

なったら、次は「三連複」を買ってみると良いかと思います。

三連複は、ぼくの馬券のメインで、安定して利益を出しやすい

馬券種といえます。



それから、馬券種以外で重要なポイントとして、

「レース選び」があります。

ぼくは当ブログでいつも、レース選びが重要と書いています。



中央競馬は、第1レース~第12レースまで、自分の好きな

レースで勝負できます。

それなのに、ほとんどの人は、「メインレース」か

「重賞レース」を購入しますね。

これでは、レース選びをしていないのと同じであり、

初心者さんでは特に、「重賞レースだけ買う」という

スタイルは、負けやすいスタイルになります。



別の記事でも書きましたが、重賞レースというのは、

レース条件が千差万別であり、しかも賞金が高いため、

全馬の仕上がり状態が良く、「大荒れ」も、頻繁に起こります。

そのため、重賞レースは、初心者さんには「的中させにくい」

とも言えるわけですね。



初心者さんが、真剣に回収率を考え、馬券で負けないように

していくためには、

「レース選び」

は、かなり重要な要素となる。と、私は考えています。


私が初心者さんにお勧めするのは、「10~13頭くらいの

レース」ですね。

これは完全にぼくの考え方なんですが、これぐらいの頭数の

レースは、予想がしやすく、初心者さんが馬券というものを

学んでいくためには、ちょうどいい頭数だと思うわけです。



逆に、GIレースなどは、そのほとんどがフルゲートの「18頭」

これは初心者さんには、なかなか難しいです。

GIのフルゲートは、3着内に来る馬の候補が多く、

絞りきれないからですね。


なので、競馬初心者さんは、最初は「頭数が手ごろなレース」で、

練習を積んでいくのが良いと、ぼくは思います。



ということで本日は、競馬初心者講座として、

ぼくの独断と偏見で書いてみました。

ぼくもそうでしたが、競馬を始めて間もない頃は、

「怖いもの知らず」です。

「きっと当たるに違いない!」と、大きな金額を

賭けてしまったりしてしまいがちです。


しかし馬券の道は、とてつもなく奥が深いです。

なので、まだ競馬を初めて1~2年くらいのビギナーの

うちは、決して大きな金額を購入しないようにして下さい。

データってのが大切になってきます。

なので最初のうちはシステムを使って馬券を買ってもらい

自分の予想と見比べてみても面白いと思います。

競馬で利益が出ない人の理由

ぼくは競馬のソフトを使った資産運用で利益を出しています。

今の世の中お金を銀行に預けてあるだけでは損な時代になっ

てきてます。

じゃあどうするの?ってなったときにぼくは競馬のソフトを

使った資産運用って形で始めました。



ちょっとでも予想して印を付けたくなるような馬を見つけたら、

買いたくなりませんか?

全馬チェックしてしっかり横の比較ができていれば良いですが、

ほんの数頭を見て印をつけたような馬だと本来の的中率は維持

できません。ルールを決める際には 的中率が維持できてこそ

優位性が成り立つプランを立てているはずです。これはプラン

外の投資になります。すなわち無駄馬券です。

いよいよ最終レース。これまで1つも的中なし。こんな日は

ざらにありますが、やはりせめて最後だけでも当てて帰りたい。

この心理は誰しもが抱きますし、そう思って当然です。

このような場合、本人が知らぬ間にコンセプトがシフトして

しまいます。優位性重視から的中重視へプランが変更されて

しまうのです。

最終レースを当てたいあまり、今まで穴馬ばかり買っていたのに

いきなり一番人気を買う。どうしても当てたいので相手も手広く

買う。こんな経験ありませんか?

そうして買った時に限って一番人気が惨敗。財布も心もボロボロに

なって帰るのがオチです。仮に的中したとしても払戻しは少なく、

回収率が劇的に向上する程のパワーはありません。

理由なきプラン変更は害あるのみです。

あなたは勝ち馬を1頭当てる予想と、1着~3着まで全て当てる

予想どちらが好きですか?

恐らく後者だと思います。

1着~3着まで予想した馬がバッチリ来た時の快感はたまらない

ものがあります。これは高配当を得られるからという理由だけ

では無いと私は思うんです。

馬券師達の飽くなき挑戦の根底には、難しい予想を乗り越えて

高配当を手にすることが大きく影響している。そう考えると

3連系馬券が主流になっているのも納得が行きます。

単複<2連系<3連系と配当は大きくなりますが、的中率は

反比例してガクッと下がります。普通の人は10連敗くらい

しか許容できませんので、的中率を維持するには買い目を

増やす必要があるというわけです。



実際に競馬をやっていたらなるほどと思っていただけるものか

と思います。

しかしわかってても上手くいかない人のが多数やと思います。

なのでぼくはそんな余計な感情とか欲が出ないように

競馬ソフトを使って欲張らないように利益を出して行ってます。

競馬は女性もしている!!?

ぼくは競馬のソフトを使った資産運用で利益を出しています。

今の世の中お金を銀行に預けてあるだけでは損な時代になっ

てきてます。

じゃあどうするの?ってなったときにぼくは競馬のソフトを

使った資産運用って形で始めました。




最近、週末を競馬場で過ごす「馬女(UMAJO)」と呼ばれる

女性が増えているそうです。

東京競馬場の女性専用エリア「UMAJO SPOT」なんて

のも出来たくらい女性ファンが増えています。

JRA主催のうまコンなんていう合コンパーティもあり、一昔前の

おじさんが赤ペンと新聞をもって奇声を発しているイメージは

なくなってきています。

掛け金も1レース100円から参加可能できたり、サラブレットを

目の前で見ることもできたりと、レジャー感覚で楽しめる所も

また魅力です。

女性ファンが増えているということは

競馬をやれば「馬女(UMAJO)」に出会えるかもしれない。

競馬で勝てれば「馬女(UMAJO)」にモテるかもしれないです。


そんな競馬の予想もソフトが厳選して自動的に購入をしてくれる

ものなので当てる成績ってのもそれの通りに買ってたら確率が

上がると思うので是非是非やってみてくださいな!

パチンコと競馬ならどっちがいい?

ぼくは競馬のソフトを使った資産運用で利益を出しています。

今の世の中お金を銀行に預けてあるだけでは損な時代になっ

てきてます。

じゃあどうするの?ってなったときにぼくは競馬のソフトを

使った資産運用って形で始めました。






パチンコと競馬、それぞれに儲けるテクニックを持っていた

としても、大きく儲ける可能性が高いのは競馬です。

なぜならば、競馬の場合、馬券購入金額に増加に比例して、

手に入れることができる配当金額も増えるからです。

たとえば、年間回収率120パーセントの馬券術があったと

しましょう。

1年間に馬券購入資金が10万円だとすれば配当金額は12万円と

なり、年間2万円のプラスとなります。

しかし、年間の馬券購入資金が1000万円だとしたらどうなる

でしょう。

配当金額は1200万円となり、年間200万円のプラスとなります。

競馬において、馬券購入資金を増やすことは資金さえあれば

簡単です。

しかし、パチンコの場合には、投資金額を増やすことは非常に

困難です。

なぜならば、パチンコは1日の稼働可能な時間や玉のレートの

決まっているため、1日に使うことができる金額には限界が

あります。

この限界を超えるためには、自分以外の人を雇ったりして

パチンコを打つなど、余分な経費が必要になる場合がある

からです。

競馬の場合には馬券術にテコの原理を使って効果を大きく

することが容易ですが、パチンコの場合には物理的な

障害があります。

この違いが、競馬が大きく儲ける可能性が高い大きな理由

です。

ただし、テコの原理を利用するということは、メリットも

大きくなりますが、デメリットも大きくなるということです。

つまり、パチンコでは1日の最大損失をある程度予測し制限

することができますが、競馬の場合には、自分で制御する

ことができなければ、1日の最大損失は無限大になる可能性も

あるということです。

パチンコでも競馬でも、儲けることができるのは必然ではなく

偶然です。

偶然を必然に近づける努力が競馬予想の楽しみ方ではあり

ますが、必然であると思い込み、大切なものを失わない

ようにくれぐれもご注意ください。

そして、大切なものはお金だけではありません。

ぼくは競馬のソフトを使った資産運用で利益を出しています。

今の世の中お金を銀行に預けてあるだけでは損な時代になっ

てきてます。

じゃあどうするの?ってなったときにぼくは競馬のソフトを

使った資産運用って形で始めました。



日本で競馬場がある都道府県は北から、北海道・岩手県・

新潟県・福島県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・

石川県・愛知県・岐阜県・京都府・兵庫県・高知県・

福岡県・佐賀県です。全国競馬場・場外馬券売り場リスト

競馬場は100円または200円の入場料がかかります。

指定席などに座ろうと思えばさらに500円から数千円の費用が

かかりますが、とりあえずは200円あれば入って普通に観戦

できますので、最初はそれでOKだと思います。

入場料がかかるのは、その競馬場でレースが行われている日

だけで、平日払い戻し日や、他場の場外発売のみを行なって

いる時には入場料は不要です。

競馬場へ行った事の無い人は笠松競馬 旅打ち 馬券勝負

レポートを読めば、どんな感じなのか雰囲気が伝わるかと

思います。



競馬場は無いけど場外馬券売り場はある都道府県

次に競馬場は無いけど、場外馬券売り場があって馬券を

買ったりTVモニターでレースを観戦したりする事が出来るのは、

青森県・秋田県・山形県・宮城県・茨城県・群馬県・山梨県・

静岡県・三重県・和歌山県・大阪府・鳥取県・島根県・山口県・

広島県・香川県・徳島県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・

鹿児島県全国競馬場・場外馬券売り場リスト

場外馬券売り場は基本的には入場無料ですが、

一部会員制で有料座席のみで運営されている施設もあります。

場外馬券売り場の雰囲気はDASH心斎橋 指定席で馬券勝負


レポートとかDASH福山駅前で馬券勝負レポートを見てもらえば

予習になるかなと思います。



競馬場も場外もどちらも無い都道府県

馬券を発売している施設が皆無なのは富山県・福井県・滋賀県・

長野県・栃木県・岡山県・愛媛県・沖縄県です。

これらの県の人は隣県に移動するかインターネットで馬券購入

するしかありませんね。



インターネットで馬券を買うには事前に会員にならないと

いけませんが、入会金や会費などは一切かかりません。

インターネットの通信費用意外に追加のコストはかかり

ませんので、気軽に会員になっても大丈夫です。

インターネット投票会員は退会も簡単にできますが、

馬券を買わずに1年以上放置しておけば勝手に退会扱いになります。


馬券を買える施設に行き、マークカードを塗るだけ

自宅から最寄りの馬券が買える施設まで行き、マークカードと

呼ばれる馬券を買うための注文シートがありますので、それを

鉛筆でチョイチョイと塗って窓口に出せば馬券は買えます。

マークカードは「レースの場所」と「何番目のレースなのか」と

「どの馬券タイプなのか」と「何番の馬に賭けるのか」と

「金額」の5項目を塗りつぶせばOKです。はじめて馬券を買う

場合は「レースの場所」とレース番号がちょっと戸惑うかも

知れませんが、窓口の近くにはほぼ必ずジャンパーを着た係の

人がいるので、遠慮なくガンガン質問して聞きましょう。

あの人たちはあなたのような初心者に教えるのが仕事であり、

あなたが聞かなければ仕事が無いので失業しかねません。

遠慮なくどんどん聞いてください。

馬券のタイプはシンプルに「1着を当てる馬券」である

「単勝 - たんしょう」を選ぶのが良いと思います。時々競馬

ファンの中には初心者の人に向かって「単勝なんて当たっても
配当が安いので買うな、馬連とか3連単にしろ」みたいな事を言ってくる人がいますが、無視しましょう。

これは私の目撃した話ですが、私が阪神競馬場に行った時に近くに競馬初心者と思しき女性グループがいました。

3連単と呼ばれる1着から3着までの順番をピッタリ当てるという

難易度の高い馬券を1点か2点だけ買って観戦していたよう

なのですが、あまりに当たらないので段々つまらなそうな表情になってました。

やっぱり最初の数回はわかりやすくて、ある程度当たりやすい

馬券のタイプをチョイスするのが良いと思います。

新聞は買わなくてOK

超初心者の内は競馬新聞に書いている事なんてサッパリ意味が

わからないと思うので買うだけ無駄です。値段も400円とか

500円するので、最初は馬券を売っているところには無料で

出馬表が置いてあるので、それで馬名を見て、モニターや

自宅に置いてあるとおりおねえさんにかけるってのも

飽きるてっって話です。


実際に競馬場で馬を見て、直感で決めればOKです。

オッズと呼ばれる「当たったら何倍になるか」を

表示している

モニターなどがあるのですが、この数値が低ければ

低いほど当たりやすく、倍率が高いほど当たらないのが普通です。

オッズモニターの写真

馬券は現金でのみ購入可能

馬券は現金でしか買えません。一部事前チャージ制や

インターネットでクレジットカードが使用できるサービスもありますが、

初心者の内は無視しておいてください。スイカやイコカ・

ワオンカードなどの電子マネーも当然使えません。

危険人物は避けよう!

別に競馬場に限った事ではありませんが、人が大勢あつまるところには

pスリや痴漢のような犯罪者も集まりやすいですし、競馬場独特の悪者もいますので、それも気を付けて欲しいですね。

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。