FC2ブログ

プロフィール

ピーボディ

Author:ピーボディ
ブログを見て頂きありがとうございます。

ぼくは競馬のソフトを用いた資産運用で利益を出しているものになります。
今の世の中お金を銀行に預けてあるだけでは損な時代になっています。
じゃあどうするの?ってなったときにぼくは競馬ソフトを使った資産運用って
形で始めました。
なのでブログでは運用の結果や趣味のこと、経済のことについて触れていきたいと
思います。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


足あと


RSSリンクの表示


JRA

    RSSデータ読み込み中……

人気ブログランキング


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週の運用

こんばんは!

ぼくは競馬ソフトを用いた資産運用で利益を出しています。

今の世の中お金を銀行に預けてあるだけでは損な時代になってきてます。

じゃあどうするの?ってなったときにぼくは競馬ソフトを使った資産運用に

力を入れています。


さて今週の運用なんですが資本金10万の

初回購入金額を500円でやってみたいと思います。

なので結果が出次第また書いていきたいと思います。


スポンサーサイト

運用の結果

こんにちは。

ぼくは競馬のソフトを用いた資産運用で利益を出しています。

今の世の中お金を銀行に預けてあるだけでは

損な時代になってきてます。

じゃあどうするの?ってなったときにぼくは競馬のソフトを

使った資産運用って形で始めました。


今日は運用の結果についてです。

設定を10万の資本金、500円の購入金額にし、15-25の倍率を

狙うものにしてやったら13800円増えてました!

週単位で増やすってなると難しいと思います。

この週単位で増やす価値ってものが大切になってきます。



投資の世界でとても大事なことは「価値」の発見です。



例えるなら株式市場は日々価格変動しています。

会社のマーケットの変動ほど毎日中身が変動しているわけではありません。

会社というのは良くも悪くもとてもゆっくり変わります。

会社の「価値」というのは日々それほど変動しないわけです。

そうすると会社の「価値」を正確に発見することができたら、

会社の価格よりも安く投資をすることができたり、

価値よりも高く売ったりすることもできます。

株価はただの数字です。そしてその価値も多くの

人たちが下しているその時の評価です。

しかし、その評価が正しいかどうかはわからないです。

株価はいつも変動していて、その株価がついてるのが

企業の価値ですら多くの人たちの思い込みやイメージで

変動していきます。

そんな中から価値ってのを見つけるのは大変なことだと思います。


ぼくは価値をそこではなくまた別のものやってみましたと

いう感じでした。

ぼくは競馬ソフトを用いた資産運用をしています。

今の世の中お金を銀行に預けてあるだけでは損な時代に

なってきてます。

じゃあどうしたらいいのか?ってなったときに

ぼくは競馬ソフトを使った資産運用って形で始めました。

設定を毎週するのですが今回は15-25の資本金10万の

初回購入金額を500円にしてやりたいと思います。

また結果が出たら報告します。



さてここからタイトルにあることについて書いていきたいと思います。

マイナス金利政策による金利水準の低下で、株式の資本コストは負債に

比べて相対的に上昇。

理論上は負債を増やして自社株買いを加速すれば資本効率は改善する。

自社株買いで自己資本を圧縮すれば、自己資本利益率も向上し、

企業にとってもメリットが多い。

大企業が保有する現金・預金は過去7年で6割増加しており、

借り入れに頼らなくても自社株買いをする体力は備えていて、

企業自身が潜在的な買い手として存在感を増している。

GDPマイナス成長

ぼくは競馬ソフトを用いた資産運用で利益を出しています。

今の世の中お金を銀行に預けてあるだけでは損な時代になっています。

じゃあどうするの?ってなったときにぼくは競馬ソフトを使った資産運用って形で始めました。

なのでブログでは運用の結果や趣味のこと、経済のことについて触れたいと思います。




今日はアベノミクスについて書いていきたいと思います。

世界3位の経済デフレから脱却させるためのものでした。


先月末には、日本銀行が初めてマイナス金利を導入しました。

未知の世界でしたが先週には日経株価は8%近くまで下落し、

過去2年間の上昇を打ち消す水準まで低下した。


日銀の黒田総裁は20年続くデフレに打ち勝つために

「できることはなんでもやる」と繰り返してきた。

しかしアベノミクスの根幹はレフレーションではない。

円安絵誘導することだった。

しかし、日本の人口は高齢化し、減少している。

2020年には、人口が減少し、毎年60万人減るとのこと。


日本の経済を復活させるには唯一の簡単な手段として

輸出拡大だと知っているのだが、今だそうしていない。


理由は簡単で日本製品を海外で安くなれば需要が伸びるのだが


そうしていないのが原因である。


こんなことの繰り返しがあるだけでしんどくなっていくと

おもいます。

なのでぼくはソフトを使って競馬という形だが資産運用をしています。

今週の結果!

こんばんは!

ぼくは競馬のソフトを用いた資産運用で

利益を出しています!

今の世の中お金を銀行に預けてあるだけ

では損な時代になっています。

じゃあどうするの?ってなったときに

ぼくは競馬のソフトを使った資産運用

って形で始めました。

なので運用の結果や趣味のこと、経済のことに

ついて触れていってるのですが

今日は運用の結果について触れたいと思います。



まず設定やったんですが馬券を購入していく上で

狙っていく倍率ってのを自分で決めてあげなければ

なりません。

だったので今回は15-25の倍率のところに設定をしました。

他の設定では運用するための資本金、投資金の設定なんですが

10万の資本金で投資金のスタートを100円にして

今週やりました。


その結果!

今週は3780円増えましたー!

少し小さい金額での当たり金額になってしまいましたが

毎週こんな感じで増やしていくものをぼくはやってます!

マイナス金利始まってからの資産運用に欠けていること

ぼくは競馬ソフトを用いた資産運用で利益を出しているものです。

今の世の中お金を銀行に預けてあるだけでは損な時代になっています。

じゃあどうするの?ってなった時にぼくは競馬ソフトを使った資産運用って形で始めました。



今日はマイナス金利導入後の資産運用はどうしていったらいいか

について触れたいと思います。


まず資産運用を考えていくには2つの点で欠けていることがあるという事です。


1つは、リスク資産n投資すべきかという事で、高配当株やREIT、ヘッジ付外債などを

具体的な投資対象としてあげていますが、同程度のリスクが取れているなら実物資産

への投資も同時に検証すべきっていう事。


2つ目に資産サイドだけでなく、負債サイドの借入っも合わせて考えるべきという事。

マイナス金利導入は預金者にとっては、ネガティブな事態ですが、借入している人に

とっては返済負担が減る可能性があるポジティブな話です。


『お金を借りる力』を持っている信用力のある企業業務者は借入も組合せたお金活用を

考えるべきです。


国内の不動産の賃金利回りと借入金利n間には、3%程度のイールドギャップが存在してます。

5%の賃金利回りで2%でえ借入ができれば2000万円の投資で年間60万円の金利差からの

収益が発生します。お金を借りるには信用が必要ですが、多くの人は自分んお信用力を

使わないか住宅ローンに使っているのが現状です。


もちろん不動産投資にもリスクはあります。

借入の組合せればレバレッジによって、よりリスクが高くなります。

しかし、株式の個別銘柄をはじめとする金融商品でリスクを取るのであれば、同じ土俵に

載せて検討してみるのが後悔のない資産運用の意思決定プロセスです。



上記の通り資産運用をするにあたって政策1つでいろんな作業をしたり考えたりすると

いろんなルートが見えてきます。

しかし、経済の動きをずーっと監視できる状況下になるのもなかなか難しい話だと

思います。なのでぼくは競馬という経済に左右されないもので資産運用をしているのです。

競馬の歴史について

今日は毎週競馬のソフトを使って利益を

出してるのですがそのメインになっている

競馬の歴史について触れていきたいと思います。



まず競馬に至る前に日露戦争まで戻るのですが

この時に戦争に勝ちはしたのですが馬軍の差が

大きすぎて政府はこれを課題とした。


対策として種馬をまず厳選し育成・馴致・飼養技術を高めた。

さらに国内における官民の馬産事業を振興するために競馬を

行って優勝劣敗の原則を馬産に導入すると共に馬券を発売して

産馬界に市場の資金を流入させる必要があるとして、馬券発売を

前提とした競馬の開催を内閣に提言し賭博行為は違法だったが競馬は

軍馬育成の国策に適うとして、許可が下りたものになる。



こうやって競馬ってのは始まったものになります。

これだけ歴史のある競馬のものを今やエンジニアの

人たちの努力でデータ化されています。

それをデータラボってのに入っていて会員登録する

ことによって得ることができます。

そのデータを用いて今や自動予想ソフトはたくさん

あると思いますが自動購入までしてくれるものは

たくさんはありません。

しかも経済の動きなんて予想しようもんならかなりの

努力が必要ですが競馬ソフトに至っては毎週電源を

つけて置いておくだけでいいし、競馬は経済に

左右されないのでこれを使うはないともったいないと

思います。

昨日の運用結果

今日は昨日の運用結果について書いていこうと思います。


設定にとしては、資本金20万円で狙う倍率は15ー25というのでやってました。

結果は193%の回収率でした。

と言っても利益が20万に対しての回収率ではなく使った金額の回収率になります。

だったので土日の運用で土曜日に結果が出るよりも日曜日に

結果が出た方が美味しいということになります。




今日のWEB経済の記事の中には

『コンピューターが資産運用のアドバイスをする

ロボットアドバイザーが富裕層向けにすでに実践投入されている』

とありました。

このように運用をするにしてもコンピューターを頼ることが

当たり前の時代になってきてます。




ある会社の資産運用助言業務全体の15%をコンピューターが

ロボットアドバイザーとして業務を行っており、少なくとも

1億2000万円は売り上げているとのこと。

さらに2015年での結果では6兆円まで拡大してることを明らかにしてました。

なぜロボットを導入したかというと投資家に助言する

アドバイザーの負担を軽減することを目的としていた。


まずロボットというのは人間が楽をする為にあるので形はどうあれアドバイスして

くれるもの予想してくれるもの自動購入してくれるものと様々なものがありますが

これらを頼ることによってもっと運用ってのが上手くいくための方法のになります。


銀行に預けておくことはもったいないことです。

どんどん運用してあげるためにいろんなことを国がやってくれているので

その流れに乗ってやっていくことをお勧めします。

アジア内での管理職の給料は?

こんにちは!
本日はアジア内での管理職の人がどういった
給料の違いが出ているのかを書いていきたいと思います。

まず国によってなにを求めて就職しているかで違いが別れているのです。

日本は給与って面よりもどんどん新しいことにチャレンジしていくというスタイルなので給与

って面で他の国より劣っている。しかし、日本企業の給与よりやりがいを

与えるスタイルを続けていると優秀な人材が獲得できないと言ったことになり兼ねない。

ヘイズでの調べによると製薬会社の研究開発部長は

中国でだいたい5400万、香港で4500万となっているんです。

またIT業界の最高責任者の年収も

中国で3600万、香港で5300万とあります。

JACの調べではシンガポールにおける外資系企業の経理部長の

年収は1245万とあった。それに比べ日本では製薬会社では3000万、

IT業界では2500万、外資系では1000万と他より低い設定になっている。


そういうこともあってか外国留学生たちには働く場としては魅力を

感じないと言われてしまっている。

理由としても仕事内容が明確にされていない新卒一括採用や

年功序列などの日本独特なシステムに魅力を感じていない

様子であります。

明日また運用しまーす。

今日は土日に競馬投資ソフトを使った資産運用の設定をしておきたいと思います。

まず競馬投資ソフトの説明なんですが今回から月が変わった第1金曜に1回ずつして

して行きたいと思います。



まず運用の設定なんですが土曜日の朝9時50分までに設定していただきます。

もし朝起きるのが辛かったら金曜日の夜にも設定してもらえます。


設定と言っても簡単で数字を打ち込むとかが2箇所とチェックするとこが

1箇所入れてもらうだけで終わります。

これだけの作業で週単位で稼ぐといったことが出来ます。


競馬と聞くとギャンブルなイメージになりがちですがソフトを使うことにより

そうでもなく資産運用としてイケます。



まず競馬ってのは結構いいところが多くてまず経済に左右されないのです。

銀行が倒産しようが株が暴落しようが自然災害の影響があろうが

競馬が行われている限り運用することが出来ます。



さらに、競馬っていうのはJRAという会社が運用しているのですが

この会社の年商2兆7000億もあり、これだけ大きな金額が動いていることに

なるので特殊法人として国が運用している会社なので国が潰れない限り競馬も

なくなりません。経済の流れに左右されず、国がある限り潰れないというのも

すごいことですよね。

狙っていく倍率ってのも設定することができるのです。

もちろん倍率を高くするとリスクも上がってしまうのですが、このリスクをコントロール

できることってなかなか自分でやろうと思うと難しいと思います。

人間はどうしても欲が出てしまうものです。ですがシステムを使ってもらえば

そんな欲が出てしまう前の冷静な自分で設定することができるのです。



まだいいところがあるのです。

それはパソコンの電源をつけて設定し終わったらあとは

放置しておけばいいのです。寝てても、遊んでても、

仕事に行ってもいいのです。

あとは帰ってきてからパソコンを見てあげるだけで

利益がいくらあったか見てあげるだけでいいのです。



最後にいいところを紹介すると他の投資系のものだと

換金するまでに時間がかかってしまいますよね。

ですが、競馬ってのは即金性が高く結果が出たらすぐに下ろせるようになっているんです。

結構他にはないいいとっころが詰まったものになります。



そうゆうものを使って今週も運用していこうと思うのですが

今回は狙う倍率を15ー25に設定し、資本金は20万でやってみたいと思います。

年金運用組織がさらなる危険な手を模索中

今日は年金の現状について触れていきたいと思います。



年が明けてから大幅な株価が下落している中、

年金の運用についても気になってきますよね。

資産135兆円を運用しているわけだが

GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が株式運用で

大きな損失を出したことをきっかけに年金資産を株式シフトに

切り替える批判が強くなっている。



きっかけは7ー9月期の運用成績が悪く約8兆円のマイナスに

なっていたこと総資産5.6%が一気に減りました。

理由として6月の日経平均株価が2万235円だったが9月には

1万738円と14%も下落していたことが主因である。


批判が高まっている中、外部の金融機関に委託していたのだが

GPIF自ら直接株式を売買できるようにしようとしている。


運用能力はあるのか?

運用資金として去年の6月で141兆1209億円のうち23%を国内株式での

運用に回していた。


もともとこんな巨額の日本株投資をしていたわけではなかった。

今までは60%を日本国債などの国内債で運用していたものを35%に引き下げ

国内株式を12%から25%に、外国株式を12%から25%に引き上げていたのである。

株式シフトにしたのだが株価の下落のタイミングとかぶってしまったのだ。


将来的に見ても10億減るともある。だから10億の節減をしようと言う動きが

あり、その動きに対して首をかしげるものは少なく現在の信託銀行の手数料が

大幅に低く設定されているので現状では節減効果は大きくないと認めている。

将来的に信託銀行の手数料が上がればっていうことを見通して試算されています。

新しくオープンしてた店!

今日は経済のことではなくてうちの近くでオープンしてた店について書きたいと思います。

イタリアンなところに今日は行って来ました。

チーズ

こんな感じでチーズのものを食べました。

普通チーズって固形のもので出てくると思うのですが

わざわざ焼いてあるものが出てきて美味しかったです。


カルパッチョ

カルパッチョも食べたんですけどこんな感じでいろんなものが乗ってるものでした。

こんな感じのものを食べていたらワインとかも飲みたくなりますよね。

やったんでぱーっと飲んで来ました!


久々のワインでイタリアンなとこに行ったのでこんなことを書いてみましたー。

株も為替も生活も巻き込んで猛威を振るう新型恐慌

こんにちはー!


今日は日銀がマーケットで異常事態が起きた場合どうなるのかに

ついてシミュレーションをかけていた結果について触れていきたいと思います。

まず、「アジア経済の成長が減速するシナリオ」を想定したものですが

これのシミュレーションでは中国の経済が減速した契機に世界中が

混乱相場に陥るとあったのだがこれは現状をそのまま表してますね。



中国ショックと原油暴落の嵐が同時に吹き荒れる中、

日本の金融市場に投資していた海外勢が一斉に逃げ出している様が見事に予測されていた。



さらにすごいことにそれの先までシミュレーションしてあることです。

続けて見れば株価や不動産価格の下落が起きた後に資産効果を通じて

設備投資や個人消費などの国内需要を減少させこの面から国の経済に

下押しの圧力がかかり、金融機関への影響をみると、債務不履行確率が

平常時よりも大きく上昇すると、銀行危機の可能性まで示唆。


加えて、経済体力の低下や不動産価格の下落による担保価値低下により

金融機関が貸出供給スタンスを消極化させると、それがさらに国内経済の

下押し圧力になるとして、金融不状に陥る様まで描いてありました。



こうしたシナリオが実現した場合、株価や地価、為替がどう推移するかまで

具体的に試算されている。以下が、レポートが導き出した結論である。

従業員16人、自己資金だけで数百万ドルの利益を上げた人の話

こんばんは。

今日はジェーソン・フライド氏の考え方がいいなーと自分で思ったので

それについて書いてみたいと思います。




まずジェーソン・フライド氏がどういった人なのかと言うと

1999年に37signalsという会社を設立。

最初はWebデザインの会社だったのだが2004年には

Webアプリサービスがメインビジネスとなりました。

2009年の時点で従業員16人なのに数百万ドルの利益をもたらした人です。

しかも自己資本でやっており、非上場会社であります。

「小さなチーム、大きな仕事」の本を出している人でもあります。



そんな人の言葉「長時間働くな、よく眠れ、そして旅に出よ」

というのに目がいったので今回このような形で書いていきたいとと思います。




ジェーソン・フライド氏が社員に求めているのは、週40時間の勤務時間、

十分な睡眠時間、健康な生活、そして視野を広げることです。

IT企業の多くに無料の食事やクリーニングがあると言った福利厚生があるが

これは素晴らしいことと思うかもしれないが裏を返せば

『オフィスを出るな。必要なものはすべてここにある』ということになりますよね。

フライド氏はちっとも素晴らしくないと思わないと語ります。


週に40時間以上の勤務が、一生懸命働いていることを意味しているわけでなく

ただ週に40時間以上働いているということである。



従業員にオフィス以外の場所で様々な経験を積んでもらいたい、フライド氏は話します。

なので給与を100ドル増やす増やすよりも、100ドルの福利厚生によって健康で幸せに

なるための行動を後押ししている。


なぜそうしているかというと「100ドルを覚えてる人はいないけれど、家族のための

新鮮な野菜と毎月のマッサージのが記憶に残る。大切なのは経験だ」ということである。



また現金でのボーナスの支払いだったのだが会社持ちの休暇に切り替えていたりもする。

自分では選ばないような経験をしてもらいたい、経験は人を成長させる。

なので会社が準備している旅行先を自分で選んで行くってことをやっています。



このように様々なことをされているフライド氏は

「福利厚生だと考えていないものが、価値ある福利厚生になります。

週40時間労働にし、従業員に十分な睡眠時間を取ってもらうだけで

会社は大きな利益を生む」と語っていました。

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。