FC2ブログ

プロフィール

ピーボディ

Author:ピーボディ
ブログを見て頂きありがとうございます。

ぼくは競馬のソフトを用いた資産運用で利益を出しているものになります。
今の世の中お金を銀行に預けてあるだけでは損な時代になっています。
じゃあどうするの?ってなったときにぼくは競馬ソフトを使った資産運用って
形で始めました。
なのでブログでは運用の結果や趣味のこと、経済のことについて触れていきたいと
思います。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


足あと


RSSリンクの表示


JRA

    RSSデータ読み込み中……

人気ブログランキング


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

株での稼ぐ前にどうするか

今日は株でどうやって稼ぎかたについて書いていきたいと思います。



まずは経済の情報には詳しく、動きに敏感にならなければなりません。

自分からバンバン経済の動きを知りたい!と思うようになると思います。

情報というものは株式投資において大きな武器になるので出来る限り知っておいて損はないです。



まあメインはお金を稼ぐことなのでその部分を見ていきたいと思います。

株で稼ぐなら値上がり益、配当金、株主優待、貸株サービスの4つを知っておくことが重要です。



値上がり益というのは株価が上がったときの利益をいいます。

単純に株が安いときに買って高いときに売れば儲かります。

この儲けが1番大事です。


配当金というのは会社が株主に儲けを還元することです。

会社から資金を出してくれてありがとうみたいなことですね。

年に1回や2回に分けてくれるものになります。

また、業績の悪い会社は配当を実施していません。

逆に業績の良い会社は配当を増やすことがあります。

もちろん業績が悪くなった場合は、配当金を減らすこともあります。

株主が配当をもらうためには権利確定日までに株を持っていないといけないです。

配当というのは預貯金と違い権利確定日に株を持っていれば権利が発生します!



株主優待というのは会社が株主に対して様々なサービスをすることですね。


貸株サービスというのは購入した株を証券会社に貸し出すことで

証券会社から金利を頂く仕組みです。

しかし、この貸株サービスは、残念ながら取り扱ってる証券会社は少ない状態です。



これらのことは知っておくべきことなので知ってから初めてくださいね。


株式投資で得られるものは様々な形があり想像以上に大きなものになります。



しかし、知識や経済の流れを常に入れ続けるってことが働きながらやろうと思うと

なかなか難しいですよね。

資本金に関してもすぐに準備できるかというと時間はかかりますよね。

だったのでその準備期間として競馬ソフトをぼくは使ってました。

利益というのはお金を増やすということに必要になりますし、

貯金をしていこう思ったらある程度の制限を自分にかけるわけですので

それもストレスになりますよね。

どうせお金を貯めるならストレスは少ないほうが良いと思うので、

是非是非チャレンジをしてみてください。
スポンサーサイト

こんにちはー!

今週の競馬ソフトを使った結果だったんですが
今週あった雪の影響もありまして運用することができませんでした、、、


だったので今日は雪と言えばボードかなと思いますので
ボードについて豆知識みたいなんだしたいと思います(笑)

スノーボードは1960年代にアメリカのミシガン州で生まれたものになります。

板に関してスナーファーと呼ばれる雪上サーフィンの玩具が起源であります。
しかもその小さな合板に紐をつけてバランスを取り、まっすぐに斜面を滑り降りるだけのものでした。

ボード

上のような感じのものになります!
まあなんでも知ってて損はないと思うのでさらっと見ていただけたらと思います。

株とシステムの違い(後半)

前回は株について書いていたので今回は違いの部分に触れて行きたいと思います。



まず投資をしようと思ったらリスクというのは付いてくるものになりますが

そのリスクを理解した上で始めなければ成功の仕方、失敗した時対応と

いうのが見えてこないと思います。




まず株の売買している時間。

これは決められていていることだが注文することはいつでもできる。

しかし結局決められた時間内までに株は変動してしまう。

なので結局は自分の目で見て確認してからやってあげた方が

安心できますよね。




次に現金化するのに時間がかかること。

株を現金に変えるのに4日は営業日が必要になってくる。

この変えられるまでの間に安値になってしまう可能性がありますよね?

これが株の痛いとこになりますよね。




それでは競馬ソフトはどうなのか?

まず時間から見ていくと土日に行われる競馬に合わせたものになります。

なので株で言う取り引きの時間は決められてしまいます。

ですが自分で購入したい倍率というのを決めておけば自分自身で操作をすることなく

勝手にやってくれるものになります。

時間の拘束時間がほぼないと言えます。



次に現金化するまでの時間。

これに関しては買った馬券が当たったらすぐに現金化されているものになります。

10分くらいはネットとも兼ね合いがあるので下ろすのに時間がかかるかもしれませんが

4日と10分じゃあ大きな違いがありますよね。

このような差があったら即金性ある方がいいですよね。


今回はこれで終わりたいと思います。

株とシステムの違い(前半)

今日は株について触れて行きたいと思います。




まず株というのは大雑把に言うと会社の一部であります。

会社が株券を発行する目的として資金調達になります。

つまり株を持っていることは会社のオーナーの1人になるということになります。


会社に影響を与えるわけだが個人としてはそんなに強い影響を与えるまではいきません。

しかし、株を持っているということは個人オーナーとしての権利を手に入れるということになります。




しかし株をいつ売買しているのかということになりますよね?

時間帯としては平日の朝9時〜11時30分という前場と

12時30分〜15時までの後場の時間になります。

この時間内に取り引きを行うことになります。
投資の参考画像


実際に取り引き出来る時間は決められてますが注文自体はいつでもできるのです。




じゃあ株というのはどんな人が取り引きしているか

大きく分けて個人投資家、機関投資家、外国人投資家の3パターンに分かれます。

それぞれに特徴があり株の変動に関わってくるので知っておくことも重要になります。


まず個人投資家というのは自分らみたいな一般の投資家のことを言います。

売買出来る金額が小さいので影響力は小さなものになります。


次に機関投資家というのは国内にあるプロの投資機関のことです。

銀行や一般企業、投資信託のことを言います。

売買単位が大きなものになるので影響力が大きなものになります。


最後に外国人投資家というのはその名の通り外国人の投資家であります。

基本的に国外の資金を使って売買してくるので為替差益も関わってくるので

円高になったら株が売られる傾向になります。

もちろん個人の外国人もいますが外国の機関投資家というのもいますので

影響力は大きくなります。



このように個人での影響力は小さいものになりますが

他2つの機関投資家と外国人投資家の売買が大きな影響力を及ぼしてます。

ここの2つの動向のチェックもしていないといけないですね。





次にリスクについてこれも大きく分けると3つあり値下がりリスク、流動性リスク、倒産リスクに

分けられます。これらのリスクを管理しておく必要があります。


まずは値下がりリスクは株の価値が下がるリスクを指します。

株は時価で取り引きされますからもちろん上がったり、下がったりします。



次に流動性リスクは株を現金に換金するまでのリスクのことを指します。

実際に現金化されるのに4日営業日が必要になってきます。

なので活発ではない銘柄は思わぬ安値で売られる可能性もあります。


最後に倒産リスクは会社が倒産してしまうリスクを指します。

会社が潰れてしまったら株券は紙切れ同然になるので

かなり減るリスクがあります。




こういったことを注意しながら株というのはしていかないといけません。

もちろん他に注意すべき点はありますが今回はこれで終わりたいと思います。

明日に違いについて触れて行きたいと思います。

今食べてるものー

こんにちはー(OvO)

競馬のソフトの利益で食べたラーメン

先週の競馬ソフトの利益がよかったので
昼にラーメンを食べる週にしたいと思います!



今淡路にあるラーメン屋で食べてます(*≧m≦)




麺に唐辛子が練りこんであってスープにも唐辛子などの
辛いスパイスが入ってるそうです(笑)



ベースは白湯でなかなか辛いものでした(笑)
明日はなにラーメンを食べようか(*≧m≦)

全く競馬のソフトと関係ないもので失礼しましたー

土日での競馬ソフトを使った運用の結果!

お久しぶりです(>_<)
年末年始バタバタしていて更新できませんでした。


ということで競馬のソフトを使っての結果だったんですが
今週は資本金30万を使って2万4千円ほど利益を出すことができました(OvO)



中身の説明をすると日本中央競馬会が開催している会場10箇所から
投資の対象とするレースを分析して選んでくれていて選んだレースの
なかからさらに分析をかけて購入するレースを決めています。



なので無駄な投資を一切していないものになります(*ノv`)b
狙っていく倍率ってのも選べます。
倍率が低いと当たる頻度が多く、
倍率が高いと当たる頻度が少なくなるものになります。



この競馬のソフトってのはリスクをかけることによって
当たった時の跳ね返りが大きくなるものになります。
このソフトの最大の特徴と言えると思います。

競馬を予想して楽しむってものではなくお金が
どのように馬券を購入したら増えるのかってのを
追求したものになります。



なのでリスクを自分でコントロールすることもできるものになります。
倍率を変え当たる頻度を調節すれば良いのです。

今回ぼくがした倍率ってのは15〜25倍を狙っていったものになります。

今回の結果発表は以上で終わります(*ノv`)b

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。